BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2018.05.21

【北九州新築コラムvol.55】3年後には標準化!住宅の省エネルギー化について

皆様が注文住宅を建てるとき様々な点を気にされると思います。

間取り、居住性、デザイン、耐震性、資金計画等あると思いますが、そんな中

今回は、特に新築住宅の省エネルギーについてお話したいと思います。

省エネルギー化

日本では1973年の第一次オイルショック以来、最終エネルギー消費量が

産業分野では20%削減されている中、家庭用では2倍と大幅に増加してい

るため現在家庭用のエネルギー消費の削減が重要となっています。

家庭用のエネルギーの内訳を見ると暖冷房で全体の約28%、給湯で28%

となっており、給湯と冷暖房で家庭での消費エネルギーの半分以上を占めて

います。

 

そんな中現在、新築住宅で注目をされているものがZEH住宅です。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

①エネルギーを極力必要としない住宅(夏は涼しく、冬は暖かく)

高性能断熱材・高断熱窓の採用、日射遮蔽

②エネルギーを上手に使う(20%以上の削減)

高効率設備の採用

③エネルギーを創る

太陽光発電の設置等

①+②+③を行い年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下

になる住宅の事をいいます。

 

国の「エネルギー基本計画」では、

2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現

2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現

の目標をたて住宅業界で動いています。

 

当社においても現在、ZEH住宅を普及させるため新商品及びモデルハウスを計画中です。

 

今後、北九州で新築住宅をお考えでZEHに興味を持たれた方は是非一度「ハゼモト建設」にお問

い合わせ下さい。