BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2017.12.14

【北九州新築コラムvol.10】ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

北九州市で新築住宅を買おうと思うと、収納は多くのご家族が悩むポイントです。
今回は、人気の収納、ウォークインクローゼットについてメリット・デメリットについてお話します。

ウォークインクローゼットのメリット・デメリット
ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

【メリット】
着替えスペースにもなる

着替えスペースにもなります。広さに余裕のあるウォークインクローゼットなら、服を選んだその場で着替えることができ、効率的です。

沢山のものをまとめて収納できる

沢山のものをあとめて収納できます。普通のクローゼットだと入り切らないものは、いくつかに分けてしまう必要があり、
服を探すのに、あっちもこっちも探さなければならないなんてことが起きてしまいますね。
ウォークインクローゼットの場合、面積が広いので一か所にまとめて収納することができるので
探し回る必要がなく、さらに見た目もスッキリです。

大きな物を収納できる

また、服以外にも、大きな物をそのまま収納できるというのも大きなメリットですよね。
たとえばスーツケースなどは意外とかさばるので収納場所に困りますが、ウォークインクローゼットならきれいに収納できます。

【デメリット】
散らかりがち

散らかりがちです。広い収納には、色々とものを詰め込んでしまい、散らかってしまうケースも多いようです。
仕切りを作るなどの一工夫や、ウォークインクローゼットになんでもかんでも収納しないことを心がける必要があるようです。

bed-1839184_960_720

広い面積を必要とする

広い面積を必要とします。ウォークインクローゼットをつくるには広い面積が必要です。
特に土地が高い地域では、お家の面積自体が小さくなりがちです。
ですのでお部屋を広く取りたい場合などにはある程度の広さが必要なウォークインクローゼットよりも、通常のクローゼットがおすすめです。

どうでしょう?
北九州市で新築住宅を建てる際の収納を考える際にはメリット・デメリットを意識した間取りづくりをしましょう。