BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2017.12.07

【北九州新築コラムvol.9】注文住宅とはどのような家の建て方?

北九州市で新築をお考えのみなさま、ずいぶん寒くなりましたね。

新築住宅をを検討しはじめてから、一度は注文住宅という言葉を聞いたことがあると思います。ではみなさまは注文住宅についてどれくらいご存知でしょうか?

注文住宅とはどのような家の建て方?
注文住宅とはどのような家の建て方?

注文住宅とはどのような家の建て方?

今日は「注文住宅とはどのような家の建て方なのか」ということについてお話します。 注文住宅とは「持っている土地」に設計事務所などの業者に依頼して住宅を建てていく方法です。 反対に、すでに出来上がっている新築住宅のことを建売住宅といいます。

北九州で新築注文住宅は、自由度が高く、間取りはもちろんのこと、
壁紙などの内装、外壁、外構などを自由に決めることができますので、こだわりがあるご家族には最適の方法です。
また、建売住宅ではなかなか見ることが難しい建築の工程をいちから見ることができるのも、メリットではないでしょうか。

ただし、新築注文住宅にはデメリットもあります。

まず、予算がわかりづらくオーバーしやすいということです。
工事を勧めていくと想定外のことが発生したり、こだわりが大きすぎてドンドン設備を足していくと、希望の予算通りにいかないことがあります。
そして、新築注文住宅の場合、契約をしてから実際に住むまでに時間がかかります。
住めるようになるまでにしばらく掛かるので、賃貸の更新が迫っているなどで、すぐに入居したいというのであれば建売住宅も候補になるかもしれません。

いかがでしたか?
「『注文住宅』と『建売住宅』どちらが我が家のスタイルにあうのだろう?」
是非ご家族で検討してください。

また、ハゼモト建設の家は、注文住宅と建売住宅のいいとこ取りをした新しい規格住宅です。
320パターンの間取りから自由に選択でき、壁紙などの内装や外壁などもいろいろなパターンを組み合わせ選ぶことができる、「注文住宅」のメリットと、
コミコミの価格設定でなので、予算オーバーしづらいという「建売住宅」のメリットを併せ持っています。


もちろん北九州市で新築住宅を建てるための土地探しのお手伝いも致します。
詳しくは北九州の気候に適したスマートハウスのハゼモト建設へ是非お尋ねください。