BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2016.05.10

自然素材の利点と注意点

最近、化学物質が人体に及ぼす影響が問題になっていることから自然素材が注目されてきていますがメリットしかないわけではありません。 そこで今回は自然素材を使用する上での注意点をご紹介したいと思います。 木材は、建築材料の中では、床材、壁材、天井材、構造材として利用され、自然素材としてもっとも親しまれています。 ただ注意点としては、木材は腐るということがあるので、特に湿気の多い状態で長時間経過させないということが必要です。 屋根の大きな神社やお寺の柱などは、雨に濡れにくく、また万が一濡れたとしても乾きやすいように考えられているので、腐ることもなく長年絶えてきています。 しかし、最近の住宅の多くが、屋根が建物に対して小さく、壁が濡れやすい現状にあります。 もしも、壁から雨がしみこんだ場合には、壁で覆われている柱等が長期に渡って濡れた状態で乾燥せず、腐ることもあります。 kusareこのようなことから、壁から雨が侵入しないしっかりとした造りが必要です。 また、外からだけでなく、内部の冷暖房による結露水も影響するので、結露の起きない断熱計画も必要です。 床材として、無垢フローリングも人気材料ではありますが、湿気を長期間与えないようにすることと、床暖房を利用する部屋では、反ったりすることがあるので、床暖房対応の無垢フローリングを使用する必要があります。  ]]>