BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2021.08.10

あなたは読める?「ZEH」コスパを考える方必見!

価格と性能を両方まじめに考える北九州の工務店、ハゼモト建設の櫨本です。
ここ最近は、「ZEHをゼッチと読めますか?」や「ZEHをご存知ですか?」
と言う問いかけに対して、かなりの確率で「YES」のご回答が返ってくるようになりました。

今回のお話はZEHは当たり前、でもそれだけでは、夏涼しくて暖かい家はできません。
また、光熱費も削減できるかどうかわからないのです。
婚家胃は、北九州の新築住宅はZEHだけでは不十分、何が必要か?についてご説明します。

   ①そもそもZEHとは
   ②なぜ、ZEHだけでは不十分なのか?
   ③ZEH+αの重要なポイント
   ④まとめ

====================================================

①そもそもZEHとは

北九州でZEH住宅とは?と尋ねられた時に、まずZEHの基本についてご説明をしています。

エネルギーの収支でゼロになる家がZEHですので、先ずは太陽光発電がないと、それは実現できません。
逆に言うと、大容量の太陽光発電があれば、理論上はゼロエネルギーハウスになり、それでは省エネに繋がらないということで、UA値という概念で0.6以下をZEH住宅と定義付けています。

シンプルに節名すると、逃げる熱量をおお外皮(床or基礎・外壁。天井or屋根)面積で割った値です。
単位は UA値=W/㎡Kとなります。Kは温度差℃と同じ意味です。
室内外の温度差が1℃の時、建物全体から1時間に外皮面積1㎡あたりに逃げ出す熱量のことを指します。
ZEH(UA値0.6)レベル外皮面積300㎡の住宅だとすると    W=0.6/300=180Wとなります。

]]>