BLOG

スタッフブログ

スタッフブログ

2021.05.22

ウッドショックにワクチンはない!

こんにちは
価格と性能を両方まじめに考える北九州の工務店、ハゼモト建設の櫨本です。

ウッドショックについて、ワイドショーでも報道される機会が増えてきました。
私たちにとっては、コロナショックと同じくらいのウッドショックは大きな衝撃的な変化だと思います。

なぜ、ウッドショックが突然のごとく、大きな問題となってきたのか?
直接の原因は、コロナです。
コロナ禍でアメリカではリモートワークが増えて、低金利政策で需要が増えて、中国も景気拡大策で木材の需要が大幅に増加して、外材頼りの日本が国際的に買い負けして、供給不足になって、少ない国産材も高騰しているという状態になっています。

日本の木材自給率は4割に届いていません。
それでもここ最近の努力で20%を割っていた状態から、国策により向上している状況ですが、輸入頼みである現在の状況は国際的な要因を、日本はモロに受けている状態だと言えます。

林業のシステムとして、大きな流れとしては
所有者→林業業務者→製材業者→建築業者という流れになりますが、
流通の流れよりも、情報が全然共有できていなくて、市場ニーズは川上側は全くキャッチしていない上、年間計画で国策により伐採計画が決まっていますので、ワクチンのように需要があるから、直ぐに対応というシステムにはなりません。

樹木が生育するのに、最低でも30年以上、伐採する機械や人の手配、搬出道路などの整備など、一筋縄では解決できない様々な問題がありますので、この状態は当面続いていく、解決の気配すら見えていません。
ワクチンに希望を持てる、コロナウイルスよりも、さらに長期的な対応が求められるようになるのです。

価格と性能を両方まじめに考える北九州の工務店として、調達や価格において企業努力を重ねていきます。