BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2019.06.01

【北九州新築・注文住宅コラムvol.239】子供部屋の大きさ

北九州市の新築・注文住宅で最近多いのが、10畳くらいの大きなお部屋を 子ども部屋として使うパターンです。 子どもが小さいときの寝かしつけで使用し、 そのまま家族揃って川の字で寝てしまうというパターンですね。 さらに、新築・注文住宅で子どもが増え、 スクスクと大きくなった際に間仕切りをして部屋を分けるという考え方が多いようです。 少し前はロフトをつくり、そこを子ども部屋として活用するタイプの方も 多かったようですが、夏はとても暑いので、ロフト活用の場合、 デメリットもあり夏場は工夫して過ごさなければ熱がこもり大変なことになります。 家族構成や将来設計を考え、部屋数は注意して計画していきましょう。 。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜。.:*・゜+.。.:*・゜ 北九州市で新築・注文住宅をご検討のみなさまに大人気のプラン集や カタログ・資金計画や土地探しの資料を無料でプレゼント! これからの家づくりのご参考にお役立てください。 ↓↓資料請求はこちら↓↓ 。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜。.:*・゜+.。.:*・゜]]>