BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2019.04.16

【北九州新築・注文住宅コラムvol.221】~建ぺい率と容積率~

今回は、建ぺい率と容積率についてです。

建ぺい率【北九州 新築・注文住宅】

北九州市で新築・注文住宅を建てる際には、土地には建ぺい率というものが定められています。 建ぺい率とは、敷地に対して建物を真上から見たときの投影面積の割合で、どのくらいの規模の家が建てられるかの基準になります。 +++——————————————————————————————-+++ 例えば、100㎡の土地で、建ぺい率50%だったとき 建築可能面積は50㎡となります。 敷地いっぱいに建てることはできないんですね。 +++——————————————————————————————-+++ 用途地域ごとに定められていますが、角地では少し増えたり、前面道路によって、減少してしまったりということもあります。 数値だけではなく、現状どうなっているかも大事です。

容積率【北九州 新築・注文住宅】

土地には建ぺい率とならんで、建物の規模を制限している容積率があります。 建物の規模を制限しています。床面積の敷地に対する割合となっています。 +++——————————————————————————————-+++ 例えば、100㎡の土地で、建ぺい率50%、建築面積50㎡だったとき 容積率100%の場合「1階50㎡、2階50㎡」 容積率80%の場合「1階50㎡、2階30㎡」 +++——————————————————————————————-+++ ただ、前面道路の幅が12m未満の場合では「道路幅×40%」と比べて低い方という決まり事があります。 また、地下室は延べ床面積の1/3までは容積率に含まれないなど、細かい取り決めがあります。 北九州市で新築・注文住宅を建てる際には注意しましょう。 私達ハゼモト建設は、北九州市での新築・注文住宅のお住まいづくりのお手伝い、お客様にあった融資のご提案をしています。お気軽にお声がけください。 。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜ 北九州市で新築・注文住宅をご検討のみなさまに 大人気のプラン集やカタログ・資金計画や土地探 しの資料を無料でプレゼント! これからの家づくりのご参考にお役立てください。 ↓↓資料請求はこちら↓↓ 。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜]]>