BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2019.04.08

ランニングコストも含めた家づくり

INDEX

注文住宅のライフサイクルコスト(LCC)とは?

ライフサイクルコスト(LCC)とは、 新築・注文住宅の建築費など最初に必要な「イニシャルコスト」、 実際に新築・注文住宅に暮らしはじめてからかかる光熱費などの「エネルギーコスト」、 そして、新築・注文住宅の保守や修繕に必要な「メンテナンスコスト」で構成される費用のことです。 [caption id="attachment_4976" align="alignnone" width="773"] 新築時に支払う建築費(初期費用)は、氷山の一角のようです。[/caption] 住まいづくりの段階では、目に見える建築費などを重視してしまいがちですが、実のところそれは大きな氷山の一角です。 むしろ、住みはじめてからのランニングコストのほうが、思った以上にかさんでしまうものです。  

目に見える建築費はまさに“氷山の一角です。”

「大きなローンを組む建築費(イニシャルコスト)を少しでも抑えたい」というのは誰もが思うこと。 しかし、新築・注文住宅の建築費のことだけを考えて住まいづくりを進めてしまうと住みはじめてから思った以上に光熱費や修繕費(ランニングコスト)がかかり結局、トータルで見たライフサイクルコストが高くついてしまう結果になります。  

いま、政府が進めているのは「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)」の普及

これからは“新築・注文住宅の自宅でエネルギーを創って、自宅で使う”時代です。創ったエネルギーは家で消費し、余った分は蓄電または買電してさらにオトクに。 パナソニックの太陽光発電システムなら、高い発電効率で同じ接地面積でも大きな発電量を実現します。家庭内のエネルギー管理システム(HEMS)とつなぐことによって、電力の多様な料金メニューに対応することができます。  

エネルギーの自給自足を目指し、非常時にもそなえる

高い断熱性能に、省エネ設備を組み合わせ消費エネルギーを減らす。 さらに太陽光発電システムでエネルギーを創って蓄電池に蓄えることで、その電気を随時使うことができます。 住宅にかかる消費エネルギーと同等以上のエネルギーを創ることによって、住宅に関わるエネルギー収支をゼロ以下にするのがZEHです。 新築時はとにかくイニシャルコスト(はじめにかかる費用)に気をとられがちですが、新築・注文住宅の基本性能を高めることを重視した方が良いでしょう。 30年後には大きな出費の差となってきます。 修繕費や光熱費の負担の差がその後の人生設計にも影響してくるのです。   ~関連記事~ ・SDGs(エスディージーズ)の取り組み ・START!ZEH[ハゼモト建設]~お施主様の声~  
新築・注文住宅をご検討のみなさま。 キッズルームも完備しております☆お気軽にお越しください。 ↓↓ご来場予約はこちら↓↓ ]]>