BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2019.03.28

【北九州新築コラムvol.211】~構造の基礎知識②~

北九州市で新築・注文住宅・ZEH住宅をご検討中のみなさま。

さて、前回に続きまして今回も北九州市の新築・注文住宅の構造の基礎知識について、少しお伝えしていこうと思います。

現在の北九州市の木造住宅に使われている構造材には、「無垢材」と「集成材」があります。

無垢材【北九州 新築・注文住宅】

無垢材とは、丸太からそのまま切り出された木材のことを指します。

北九州市の新築・注文住宅でも当然ながら使用される木というのは言うまでもなく自然のものですから、切り出してから十分に乾燥するまで、伸びたり縮んだり、また反ったり曲がったりする傾向があります。

集成材【北九州 新築・注文住宅】

こうした無垢材の欠点を解決したのが、十分に乾燥させたラミナと呼ばれる板材を積層接着した集成材なんです。

無垢材に比べて、強くしかも北九州市の新築・注文住宅でもその品質がずっと変わらないので、建てたときの強度を長く保つのに最適な構造材です。

木造の大型建造物は大半がこの集成材で作られています。

構造に関することでお聞きになりたいことなどありましたら、ぜひ北九州市の新築・注文住宅を多く手がけるハゼモト建設へお気軽にお尋ねください。

スタッフ一同お待ちしております。

。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

北九州市で新築・注文住宅をご検討のみなさまに大人気のプラン集

やカタログ・資金計画や土地探しの資料を無料でプレゼント!

これからの家づくりのご参考にお役立てください。

↓↓資料請求はこちら↓↓

。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜