BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2019.03.27

【北九州新築コラムvol.210】~構造の基礎知識①~

北九州市で新築・注文住宅・ZEH住宅をご検討中のみなさま。

初めての北九州市での新築・注文住宅づくりで、見た目のデザインも大切ですが、やはりしっかりとしておきたいのが地震大国日本に住む以上、耐震性能です。

目に見えない構造だからこそ、北九州市の新築・注文住宅づくりでどこが地震に強いポイントなのかを抑えておきましょう。

地震に強いポイント

縦揺れと横揺れに襲われ、倒壊もしくは半壊した住宅に見られた特徴としては次のようなものがあげられます。

1.家が老朽化していたため強い外からの力によって破壊された。

2.接合部分が抜けてしまい倒壊した。

3.重量のある瓦屋根に大きな揺れが加わり家を支えられなかった。

このように言われています。

これらの十分な耐震性能を持ち合わせていなかった住宅が阪神・淡路大震災では犠牲をさらに大きくすることとなりました。

家と一言でいっても様々な構造があります。

木造軸組工法【北九州 新築・注文住宅】

戸建住宅の代表的な工法が「木造軸組工法」です。

北九州市の新築・注文住宅づくりにおいて、ハゼモト建設はこの工法となります。

柱を軸として家の構造を校正し、間取りの自由度が高く、リフォームや増改築が比較的簡単にできる特徴を持った人に優しい木の家です。

2×4工法【北九州 新築・注文住宅】

また、木の家には家を囲む天井、壁、床を面にして組み立てる「2×4工法」と呼ばれる構造があります。

面で構成しているため間取りの自由度は少なく、間取りの変更なども難しいといわれています。

プレハブ工法【北九州 新築・注文住宅】

また、軽量鉄骨を使って組み立てる「プレハブ工法」と呼ばれる構造があります。

工場でパーツを作って、現場で組み立てる方式が一般的で、工場のコストや運搬費用などのコストが高い傾向があります。

ハゼモト建設では、将来のライフスタイルの変化にも対応しやすい家づくり、そして耐震等級2相当の地震に強い家づくりを北九州市でこれまで50年以上行ってきました。

住んだ後のことも考えた北九州市での新築・注文住宅(木造軸組工法)はハゼモト建設へ。

。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

北九州市で新築・注文住宅をご検討のみなさまに大人気のプラン集

やカタログ・資金計画や土地探しの資料を無料でプレゼント!

これからの家づくりのご参考にお役立てください。

↓↓資料請求はこちら↓↓

。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜