BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2019.02.21

【北九州新築コラムvol.188】~バリアフリー住宅~

北九州市で新築・注文住宅をご検討のみなさま。

みなさんも、「バリアフリー」という言葉は聞いた事があると思います。今回はその「バリアフリー」について書いていこうと思います。

どのような住宅?【北九州 新築・注文住宅】

バリアフリーに対応した住宅は、誰にでも訪れる高齢になった時の住まいとして、利用価値が高いものです。

一般的には玄関部分や浴室、リビングや寝室等に繋がる際に段差が無く、フラットな環境がある住宅です。

完全にフラットという訳にはいかないので、できれば20㎜程度の段差に抑えてあるのが理想とされています。

また、高齢を対象にしているので、北九州市で新築・注文住宅を建てる際に、トイレや廊下に手摺りを設ける住宅も多いです。

将来的に車椅子を使用した場合を考えて、廊下を車椅子が通りやすいように広くしたり、扉を少し大きい引き戸にし、車椅子でもスムーズに通れるようにするのが理想です。

一人で出来ることが多くなるので、自立できるという心理的効果もあります。

メリットは沢山【北九州 新築・注文住宅】

北九州市で新築・注文住宅を建てる際に、バリアフリー住宅にすることで沢山のメリットがあります。

●住んでいる家族には必要がなくても、両親や知人などが訪れた際に便利に使えることがあります。

●また段差がなければ、多少暗くてもつまずいたりすることも少なくなり、子供も転びにくくなるなども利点といえるでしょう。

●違うメリットとしては段差がほとんど無い為、掃除がしやすいという点もあります。

●また、体調が悪いときやちょっと疲れたときに、廊下に設置した手摺などが役に立つ場合があります。お子さんがいる家庭は、子供が手摺りを使用する機会もあり、体を支えやすくなるので、転倒防止などに効果があるのです。

温度差にも気をつけて【北九州 新築・注文住宅】

段差だけではなく、部屋や廊下、脱衣所から浴室へ等、温度差を抑える事もバリアフリーと言えます。

以前にも書きましたが、脱衣所・浴室で一番起こりやすい「ヒートショック」の危険が高い為です。

高齢の方がいないご家族にしてみれば、そこまでバリアフリーというのは必要ないかもしれませんが、長く住み続ける住宅であれば、必ずバリアフリーで良かったと思う時がくるはずです。

後々、バリアフリーへとリフォームするのは結構な費用がかかってしまうので、北九州市で新築・注文住宅を建てる際も、バリアフリーの事を考えておくようおすすめします。

北九州市で新築・注文住宅をご検討のみなさまに大人気のプラン集やカタログ・資金計画や土地探しの資料を無料でプレゼント!

これからの家づくりのご参考にお役立てください。

↓↓資料請求はこちら↓↓