BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2018.10.21

【北九州新築コラムvol.113】郊外に新築住宅を買うメリットとは!

現在北九州市にお住まいで、新築住宅を検討し始めた方は、
街が賑やかな都心部に土地を購入しようか、それとも自然が多く土地も安い郊外に土地を買おうか悩んでしまいますね。
最近では北九州市都心部の土地は値上がっていますから、予算の関係で郊外に住むことになる方も多いようです。
今回は郊外で土地を買うことのメリットをご紹介いたします。

価格が安い

まず第一に土地の価格が安いということが最も大きなメリットでしょう。
どんな住宅もそうですが、都心部に近ければ近いほど価格が上がり、また面積は狭くなります。
もともとは都心に住むつもりだったがなかなか土地が見つからず、郊外にも視野を広げたところ広くて条件のいい土地が手に入り、その分建物を広くすることができたり、庭や駐車場が広々ととれたというお話もよく聞きます。
*

車が好きな方にオススメ

また、車が好きな方には郊外は大変オススメの選択肢です。
北九州市で新築住宅を検討されていて、都心に住んでいるが、公共交通機関も整っているし、駐車場代も高く、さらに車が多いため運転しづらいと感じ、結局車に乗らなくなったしまったという方は多いようです。
一方郊外では、土地が安いため駐車場代も比較的安く、公共交通機関がなくても、車移動されるかたが多い前提でバイパスなどが整備されています。そして交通量が少ないため、運転もし易い道路が多いので新築住宅を建てるには好条件です。

*
自然豊かで静か

その他にも、都心に比べて自然豊かである、都心から離れているので静かに過ごせるなど、新築住宅を建てる際のメリットも郊外にはあります。
*
いかがでしょうか?
今まで都心に住んでいた方でも、郊外に新築注文住宅を建てることにはたくさんのメリットが有ります。
北九州市で新築住宅を検討する際は、ぜひ都心にこだわらず、広い視野で土地を探していきましょう。

北九州市の工務店「ハゼモト建設」では、たくさんの土地情報もございますので、ぜひ、北九州市の工務店「ハゼモト建設」ショールームへお立ち寄りください。