BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2018.03.15

【北九州新築コラムvol.26】クロスで変わるお部屋の印象

北九州市で新築をお考えの皆様、今のお家のクロスの色はどんなものでしょうか?
無難な色で、オフホワイトでまとめている物件が多いと思います。
クロスの面積は大きいので、クロスの色を変えると印象もガラッと変わります。
せっかく北九州市で新築を購入するなら、そのお部屋に合ったクロスの色を選びたいものですね。

そこで今回は、クロスの色で印象がどう変わるのかをご紹介いたします。

クロスで変わるお部屋の印象
クロスで変わるお部屋の印象

赤やオレンジなどの暖色系

赤やオレンジなどの暖色系は温かみ、活気のある色なので、リビングなどご家族の団欒するお部屋のクロスに取り入れるのがおすすめです。
また、暖色系は食べ物の色をより美味しそうに見せ、食欲を増加させるそうですので、皆さんで食事を摂るリビングダイニングにはピッタリです。
北九州市で新築を立てる場合、アクセントにリビングダイニングの一面だけを暖色系にするのもいいですね。

青やグレーなどの寒色系

青やグレーなどの寒色系は落ち着いた雰囲気にしたい寝室などにぴったりです。
実は眠る前に寝室で目にする色は、その夜の眠りに大きく影響するそうです。
例えば、クロスが赤色の部屋で眠った場合、神経が興奮してしまい熟睡することができない、という影響があるそうです。
北九州市で新築を立てるなら、寝室は寝具と一緒に爽やかなカラーにコーディネートしたいですね。
また、落ち着いて作業をしたい作業部屋や書斎にも寒色系カラーはもってこいです。

緑や黄色などの中間色

緑や黄色などの中間色は自然、生命、明るさを感じますね。
お部屋全体が明るい雰囲気になりますので子ども部屋にもおすすめですよ。
日当たりのいいお部屋に用いると、特に明るいお部屋になります。
北九州市の新築で明るい子供部屋は、お子様の理想ですよね。

小花柄などの柄物

小花柄などの柄物はトイレや洗面所など、あまり面積の大きくないところに用いるとよいでしょう。
また、その柄も小さめのものがおすすめです。
LDKなど広い部屋に柄物のクロスを貼ると、全体的にごちゃごちゃし、落ち着かない印象になってしまいます。
例えば、トイレに小花柄のクロスを用いると清潔感がありますし、時間が経ち黄ばみなどが出ても、汚れが目立ちにくくなります。
頻繁には貼り変えられないものなので、汚れが目立ちにくいのはいいですよね。


今回ご紹介したのは一例ですので、北九州市で新築を建てられる皆様はそのお部屋の雰囲気を想像しながら楽しくクロスを選んでみてください。