BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2018.03.09

【北九州新築コラムvol.23】郊外に住むメリット

北九州市で新築住宅をお考えの方では、「私たち家族の生活スタイルには都心と郊外どちらが合っているのだろう」
とお考えになることもあると思います。
「確かに都心は便利だけど土地が高い・・・広いお家に住みたいならやっぱり郊外?」という声をよく聞きます。
そこで今回は、郊外に住むメリットについてご紹介いたします。

郊外
郊外に住むメリット

郊外はとても静か

郊外はとても静かです。道路に面していたり、商業施設の多々ある都心から離れています。
都心部は特に土日に人が多く、騒音に悩まされがちなので、せっかくのお休みは静かに過ごしたいという方には郊外はとてもいい選択です。
ご近所づきあいも多く知り合いが増えるので、不審者がいれば直ちににわかりますし、小さなお子様がいても心配ありませんね。
また、交通量も少ないので夜中に車や電車の音に悩まされる事もないのです。

自然が豊か

自然が豊かです。都心は公園など人の手が加わったものが多いです。
郊外では里山など残っているところもあり、お子様が楽しむことが可能な本来の自然がまだまだ残っています。
お子様にはのびのびと育てほしいのであれば、郊外に新築住宅を建てるのがおすすめです。

土地の値段が安い

土地の値段が安いです。郊外では約3000万あれば、庭付き新築住宅も購入できますが都心ではとてもむずかしいですよね。
新築住宅に限らず、都心の方が住宅の値段は高くなり、さらに広さも狭くなります。
郊外に近づいていくに従って土地の値段が安価になりますので
その分駐車場を大きく作ったり、お家を広く作れます。
とくに、お子様には広々としたお家でゆったり暮らしてほしいですよね。

車を持っていると便利

車を持っていると便利です。郊外に住む場合、
駐車場も、土地の安い郊外なら広く作れますし、駐車場代もわりと安価です。
また、車での移動が前提のためバイパスなど道路網が整備され、駐車場完備の施設が多くなります。
免許と車があれば時刻表を気にする事なくお出かけでき、車にたくさんと荷物を載せる事ができるので、
お買い物で荷物がいっぱいになっても楽チンです。
そして、交通量も少ないので車の運転もイライラしません。

いかがでしょうか?
今まで都心に住んでいた方にはイメージしづらいかもしれませんが、
郊外に住むこともたくさんのメリットが有ります。
ぜひ都心にこだわらず、広い視野で土地を探し、お客様にピッタリのお家づくりをしていきましょう。