BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2017.10.12

暮らしのEcoコラム ~栄養たっぷりの柿をレンジでジャムに!~

次郎柿 これからシーズンを迎える「柿」。 生産国のトップ3は中国、韓国、日本といわれ、東アジアを代表する秋の味覚だそうです。 柿には、塩分の排泄を促し高血圧対策に効果があるカリウムや、疲労回復と風邪予防を担うビタミンC、また、二日酔いに効くとされるタンニンや各種酵素など、さまざまな栄養素が含まれています。 今回はそんなヘルシーな柿を、お家で簡単にジャムにするレシピをご紹介します。 ★作り方★ 柿ジャム 材料 ●熟してやわらかくなった柿…Mサイズ1個 ●レモン汁…適量(20CC程度) ●砂糖または蜂蜜…適量(甘さはお好みで調節) 05_1709 手順 1. 皮と種を取り、実を細切りにします。 2. 耐熱食器に柿の実、砂糖(蜂蜜)、レモン汁を入れ3分ほど加熱します。 3. 一度取り出してアクを取り、さらに3分ほど加熱。冷めたらビンに入れてできあがり。 ※柿の種類や硬さ、レンジの強さなどで加熱時間は変わるので、 やわらかさを見ながら何回かに分けて加熱しましょう。 柿ジャムクッキー   10月26日は「柿の日」。1895年のこの日に、俳人・正岡子規が「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の句を詠んだことから、全国果樹研究連合会が提唱している記念日だそうです。 食用以外でも渋が染料として使われたり、家具材として用いられるなど汎用性に優れた柿。 注文住宅では、柿渋を防腐・防虫・防カビとして建具に独特の光沢をだす塗料として使っています。天然素材のため安全ということで、外部(バルコニー・柱)塗布用に使用している工務店もあります。 古くから親しまれている柿の魅力を調べてみるのもいいですね。]]>