BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2016.06.01

長く暮らすなら小さなおうちがおすすめ

小さなおうち

30代に近づくにつれマイホームの購入を意識し始める方たちも多いと思います。
やはり、大きくて立派な一軒家に住みたいという方が大半でしょうが、生活に最低限必要な大きさの家や平屋の家など、家計の状況や老後の人生設計に合わせて家を建てる事をおすすめします。

ここでは、生活に最低限必要な大きさの家のメリットを挙げてみます。

まず、経済面においては大きなメリットがあります。
30年ローンで30代で家を建てても30年後は高齢者になっています。
60代になってもローンを背負い続けるのはやはり荷が重いですよね。
小さな家のように建築費用が少なくてすめば、住宅ローンの負担も軽くすることができるメリットがあります。

また、家が小さくなれば、庭がとれる可能性があるので、家庭菜園をしてみたり、休日には友人たちとバーベキューもできます。
庭が広ければウッドデッキも設置できますから、天気のいい日には家族やペットとのんびりするのも良いでしょう。
このように家族や友人とコミュニケーションを取れる場を設けることができるのも小さい家ならではのメリットと言えます。

これらの理由から、小さいけれど、豊かさを感じる家がおススメです。