BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2016.05.04

意外と知らない畳のメリット

私たちの生活が欧米化してきた近年では、洋風住宅が主流となりフローリングの床が増え、和室を設ける住宅の数が大きく減少しています。 ですが畳には、フローリングの床にはない、高温多湿な日本の気候に適した効果があります。 今回は知らないと損する、畳のメリットについて紹介していきます。 畳の「いぐさ」という素材は、繊維がスポンジのようになっており断熱性・保温性に優れ、湿気を吸収してくれます。 さらに森林の香りの源といわれる成分フィトンチッドが含まれているので、室内にいながら森林浴の効果を得ることができます。 それだけでなく、畳には、シックハウス症候群の原因になるガスを吸着するといわれています。 その他にも、畳にはクッション性があり、断熱性に優れているので、そのまま直接座っても冷たくないですし、体が痛くありません。 また、疲れたなと思ったときに、ちょっと横になるということもできます。 小さなお子さんが遊んでいて、転んだときに大きなけがをするリスクも下げることができますよね。 和室の特徴の中で、特に畳のメリットについてご紹介しました。 ご家族の生活スタイルにあわせて、畳の生活も検討してみてくださいね!]]>