BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2016.05.02

子どもが片付けたくなる部屋作りのコツ

「子ども部屋を作ったはいいけど部屋が散らかって困っている」 「片付けろと言っても子どもが片付けてくれない」 など何とかして散らかった部屋を片付けたいと 思われている方もたくさんいると思われます。 ここで一番大事なのは「子どもの目線に立って考えてみる」ということです。 まず注意したいのが「片付けなさい!と言わないこと」です。 なぜなら、親は片付ける手順がわかっていても 子どもは理解していない可能性があるからです。 また、手順がわかっていないまま怒られうることが嫌で 適当に詰め込んでしまうと逆に不便になって また散らかってしまう可能性もあります。 次に注意したいのが「収納の場所」です。 そのスペースは子どもにとって使いやすいですか? 戸棚の扉を開けてから箱を取り出して、さらにフタを外してといった手間のかかるしまい方では、出し入れが面倒になります。 ハンガー掛けにしているシャツが手の届かない高さに吊るされていたら、子どもが出し入れするのは無理なことです。 ツリー状のスタンドを使ってカバンや上着を掛けられるようにしたり、簡単に片づけられるような工夫をしてあげましょう。 子どもが自ら進んで片付けて欲しいというのが親の願いであれば、子ども目線に立った収納方法を考えてあげましょう。 子供部屋バケツ収納]]>