BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2016.03.11

部屋の中に観葉植物を置くときに注意したいこと

観葉植物はお部屋に置くことで雰囲気を大きく変えることができるアイテムです。 インテリアとしても人気ですよね。 せっかくの観葉植物を枯らさないために、気をつけたいことがあります。 植物をお部屋に置くとき、その置き場所というのは、実はとても重要なポイントとなります。 植物は光がないと生きていけません。 そのため、窓際などのお部屋の中でも光がたくさん入ってくる場所に置いてあげると良いでしょう。 観葉植物には耐陰性のある種類もありますので、光があまり入らない場所に置く際はそういった植物を選びます。 文字が読めるくらいの明るさがあれば大丈夫です。 また、観葉植物は空気が乾燥しすぎる場所には置かない方が無難です。 例えばエアコンの下などは特に注意が必要となります。 エアコンの風を浴び続けると、植物はどうしても乾燥してしまいます。 これは落葉の原因ともなりますので、観葉植物はエアコンとは少し距離を置いた場所に配置すると安心ですね。 夏の直射日光や冬の冷気も植物が傷んでしまう原因となるので、レースのカーテンで日差しを遮ってあげたり、窓から少し距離を置くなど、注意してあげると良いでしょう。]]>