BLOG

スタッフブログ

スタッフブログ

2016.03.07

雑誌もいろいろあります

雑誌名 LiVES 価格 980円 発刊日 奇数月15日 読者層 30代の既婚男性 特徴 読者の約半数以上が住宅購入を検討している方と言われている住宅&ライフスタイルマガジン。 流行のリノベスタイルやこだわりの住まい事例など、感度の高い住宅購入検討層に向けた内容を紹介しています。   Relife pernet 雑誌名 relife+ 価格 1250円 発刊日 年4回(3月・6月・9月・11月) 読者層 30~40代の既婚女性 特徴 代表的なマンションリノベーションの専門誌。 リノベのノウハウを主婦目線で紹介しており、ローンなどのリアルな疑問や、収納ハウツーなど、実用的な記事が多数掲載されています。 奥様のリアルな視点を探る材料として、『LiVES』とと共に横綱級の雑誌です。   %e4%bd%8f%e3%81%be%e3%81%84%e3%81%ae%e8%a8%ad%e8%a8%88 pernet 雑誌名 住まいの設計 価格 1250円 発刊日 奇数月21日 読者層 30~50代の既婚男女 特徴 『relife+』と同じ版元なのですが、こちらは戸建リノベを中心に紹介。 新築傾向の強い読者が大半。 新築とリノベを比較するリノベ検討者に対して、その心理やニーズを理解するために必要不可欠な情報が詰まっています。 Pen pernet 雑誌名 pen 価格 650円~ 発刊日 毎月1日・15日 読者層 30~40代男性 特徴 普段はカルチャー誌として、こだわる男のための文化的な知識を多く発信しています。 特に注目すべきは、年に数回組まれる住宅特集号。 新築・リノベ問わず、高感度な読者層に向けて建築家のインタビューや施工事例を紹介しています。 本物志向の強い方に読み込まれています。   Brutus pernet 雑誌名 BRUTUS 価格 650円~ 発刊日 毎月1日・15日 読者層 30~40代男性 特徴 普段はアートやファッションなどのカルチャー誌ですが、 年に1度発刊される「居住空間学」は住宅購入検討者に大人気。 単に住むための家を探すだけでなく、ライフスタイルの延長線上にある住まいを求めている方への関心領域を学ぶことができます。   Casa brutus pernet 雑誌名 Casa BRUTUS 価格 650円~ 発刊日 毎月10日 読者層 30~40代男女 特徴 年に1~2回、リノベやDIYに特化した特集号が組まれるため、日頃からデザインや建築に興味がある読者以外のライトな層にも人気。 デザイン性の高い雑誌なので、インテリアや内装にこだわりを持った方、必読の一冊です。 Come home pernet 雑誌名 Come home! 価格 907円 発刊日 年4回(2月・5月・8月・11月) 読者層 30代女性 特徴 カントリーやナチュラルなど、 女性らしい雰囲気をテーマにしたインテリアやプチリノベーション、プチDIYを紹介している雑誌。 主婦が気軽に取り入れやすい記事が多いため、お客様のニーズを探ったり、モデルルームのスタイリングの参考にも役立ちます。 Plus1 living pernet 雑誌名 PLUS1 LIVING 価格 号により変動 発刊日 年4回(2月・5月・8月・11月) 読者層 30代女性/持ち家のある方が多い 特徴 インテリア事例紹介を通じて、ライフスタイルを提案することを目的とした雑誌。 季節に応じたスタイリング提案が特徴で、定期読者が多いのも特徴。 主婦目線のモデルスタイリングを手がける際や、持ち家のリノベを検討している方に参考になります。

いかがでしたか? すでに読んでいる雑誌もあれば、はじめて名前を聞くような雑誌もあったのではないでしょうか。 トレンドをキャッチするということでは、雑誌のチェックは欠かせませんね。]]>