BLOG

家づくりコラム

家づくりコラム

2015.12.22

ヒートショックについてご存知ですか?

ヒートショック ヒートショックという言葉は少し聞きなれないかもしれません。 これは正式な医学用語とは別に日本の建設及び暖房メーカー発信で使われている用語で、急激な温度差によって受ける健康被害のことです。 具体的には暖かい部屋から寒い浴室・脱衣所・トイレや外に出た際、体が温度変化の激しさにさらされ血圧の乱高下を起こし、 それが起因となり心筋梗塞や脳梗塞を起こすと言われています。 日本は、世界で一番ヒートショックによる犠牲者が多いと言われ、毎年1万人以上が亡くなっています。 世界の寒い国では家の中は逆にとても温かい造りになっています。 浴室も温められている事が多いのです。 気候の問題も関係しますが、日本は湿度が高いので湿気によるカビを懸念し浴室に窓を付けることも多く、特に冬場、寒い脱衣所で着替えることになります。 それもあり冬場に入浴中に亡くなる方は8月の11倍にものぼるとされています。 対策としては冷暖房が備わってる物件を選び、入浴前に温度の調整をしておく、血圧が安定しない食後1時間は入浴を控える、といった対策を講じて血圧の急激な変化を起こさないようにしましょう。]]>