BLOG

スタッフブログ

スタッフブログ

2015.10.05

「きく」の違い

search「聞く」は“音や声を感じとる。また,その内容を知る。「雨の音を聞く」「講義を聞く」 「聴く」は“注意して耳に入れる。傾聴する”の意。「音楽を聴く」「国民の声を聴く」 「訊く」は“たずねる。問う”の意。「名前を訊く」「迷って道を訊いた」 このように辞典では説明されています。 同じ「きく」でも、その深さやニュアンスが微妙に違うようです。 若いころの私は、「きく」事が苦手でした。 その最たる例は、親の言う事。 絶対、きかない。 そこには、頑な意志がありました。 若さゆえ、勘違いや自分自身の道を、自分で貫き通すことが、ある種の美学と思っていた節がありました。 でも、今は、少し「きく」ことの大切さを学んでいるような気がしています。 様々な失敗から、「きく」ことの大切さが、私の心をクリアに変えてきたところもあります。 逆に、社内の方々へは「訊く」から「聴く」へと意識を変えています。 責任や理由を尋問するような「訊く」では、良い関係が構築できません。 その本質を考えた発言と行動が、如何にも大切だと、感じる日々です。    ]]>