BLOG

スタッフブログ

スタッフブログ

2015.09.06

ロボットに感情って?

gazou1222   そして孫社長は、こんな事も言われています。 『300年前の人々は、我々が今携帯電話を持ち、自動車に乗り、空を飛び、テレビで動く映像を見てる。想像すらできなかったと思いますね。今から300年後の人々は脳型コンピューターを当たり前のように使っているというふうに私は想像します。』   gazou188 『脳というのは基本的に、データ、そしてアルゴリズム、この2つを自動的に獲得する。そういうシステムだというふうに認識しています。 データってなんだろうっていうのは、脳にとっては知識というものですね。アルゴリズムってなんだろうっていうと、脳にとっての知恵ですね。人間は知恵を持ってます。そして知識というものをどんどん毎日学んでいきます。 この学ぶという事が、脳が自分で学んでいくんですね。誰かが脳をプログラミングすると。今までのコンピューターは人間が、誰かがプログラマーがプログラムをして初めて計算をしたり記憶をしたりということを行うわけですけども、人間の脳は自動的に勝手に学んでいくと。勝手に考え始めるという能力を持っております。』         gazou326   『自ら学習していく、誰かがプログラミングするんじゃない。その両方の武器をそなえたものが脳型コンピューターだというふうに思います』   gazou616   そしてコンピュータ感情を持ち、知識と知恵をコントロールしていくようになると説かれています。 2030年の世界を予測して、今それが着実に実現しています。 2015-09-06 08.39.02 孫社長は『情報革命で、人々を幸せに』を経営理念に掲げています。 孫社長の予測を上回るスピードで、情報革命は加速化してくるのだと思います。 しかし、不思議な事にロボットに感情が芽生えてきているのに、 逆に人間に感情が消えてきているような気がします。 人間の脳は、人生の成功や夢があまりにも数字化してきて、デジタル脳化しているからかも知れません。 人間らしく生きるとは? これから先、ますます便利な世界が広がっていきます。 30年後もまだまだローテクな世界が沢山あると思いますが、私たち工務店は、その究極のテーマの実現で、人々の幸せにお役に立てるのではないかと思っています。    ]]>