お役立ち情報ブログ

お役立ち情報ブログ

多機能リビングで子どもとの距離を縮める

子供部屋は本人が管理する事ができるというメリットがありますが、時にはそこに子供がずっといてなかなか家族で話す機会すらないという事もあります。

出来るだけコミュニケーションを図りたいと思ったら、子供部屋よりリビングを優先したコスト・スペース配分が重要です。

リビングスペースは家族が集まる場所なので、そこを充実させる事によって食事以外の時間でも家族が自然な流れで集まるようになります。

リビング01

とはいっても、別にそこで同じ行為をしなければいけないという訳ではありません。

例えばワークスペースをリビングの一角に設ける事によって大人は何か作業をしながら子供の様子を感じる事もできます。

また子供自身も用事がある時にすぐに大人の事を呼ぶ事ができるというのが大きなメリットです。

こういった家事や仕事をしながら子どもとコミュニケーションを図る為には、リビングスペースをある程度確保しておく事がとても重要です。

色々な作業ができる場所、家族それぞれが好きな事をしていても大丈夫な場所と言う風に出来るだけで、リビングには家族が自然に集まるようになり、自然とお互いの距離も縮まります。

リビング02

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.