ブログ

ブログ

質問の続編

GLのナゾ・・・

GL±0が存在しない。

0が全ての基準では?

その通りです。

全ての基準は0なのです。

でも、建築で言うところの、GLという概念は、
少しわかりにくいのかも知れませんが、仮の地盤面の高さを示すのです。

仮?

そう言われてもますますわかりにくくなりますね。

ここからの話、もう少しわかないかも知れない話が続きます。

 

住宅に特化して、GL±0のお話をさせて頂きますと、
実は、GL±0は図面上で最初から決まっているのです。

プレゼンテーション1

この図面は矩計図(かなばかりず)と言って、家の断面を切り、高さ関係を示した図です。
住宅に特化して言えば、どこの会社も、どの図面もほぼ決まっている事があります。

赤丸の部分、ベタ基礎の天端は、ほぼGL+50という事なのです。
そう言う意味では、GL±0は決まっていると言えます。

 

でも、実際の現場の地盤は、図面のように水平ではありません。
また、現況地盤が必ずしも新築時の地盤になるとは限りません。

「じゃ、GL±0はどこなの?」

ここからがプロフェッショナルの領域なのかも知れません。

その端くれとして、このテーマ、もう少し続けさせて頂きます。

 

 

 

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.