お役立ち情報ブログ

お役立ち情報ブログ

50代からのトイレリフォームのポイント

転ばぬ先の杖 50代からのトイレリフォームのポイント

65才以上が高齢者と言われても、まだまだ元気でピンと来ないという方がほとんどなのではないでしょうか。実際、文部科学省の調査によれば、高齢者の体力は年々向上し70歳代では15年間で5歳若返っているとか。一方で80才以上では要介護認定率が3割を超えるというデータもあり、将来に備えるリフォームという視点が大切です。

auc09

移動のしやすさと転倒防止

まずは、「トイレへの移動のしやすさ」「転倒を防ぐ」などの安全配慮を考えましょう。
入り口の段差解消、洋式便器への取り替え、手すりが基本です。
今必要ない場合でも、手すりが後から取り付けられるように、下地を入れておくと、手すりが必要になった時に役立ちます。

ゆとりある広さのトイレとは

杖などの補助器具や車いすの利用に備え、ゆとりある広さのトイレに使いやすい器具を選んでおきましょう。
【便器横寸法】横から腰をかがめて介助するスペースのおすすめは、便器横に500mm以上です。

幅広の上吊り引戸

幅広の上吊り引戸。3枚連動なので開口部が広い。床にレールが無いのも嬉しい(パナソニック)

手すりをつける

健康な人にとっても、足腰が痛い時、風邪をひいてふらついた時などに体を支えるものとしてあると便利な器具のひとつです。
家族誰もが使う場面がありますので、まずは便器横に手すりをつけてみましょう。
「縦手すり」は立ち座りを、「横手すり」は伝い歩きや座る姿勢を安定させるのに有効です。
※手すりを設置する箇所に十分な強度が確保されているか、施工業者に確認するなどしましょう。下地の無い箇所に設置すると、使用中の脱落など危険です。

出典:トイレナビ http://www.sanitary-net.com

c3_1

 

トイレのリフォーム費用の相場・目安

トイレリフォーム相場

リフォーム費用は現在のお住まいの状態/リフォームのご要望によって、費用が大きく変わります。ご家族の暮らしにあったリフォームをするために、無料相談・無料お見積りを承っております。お気軽にお問い合わせください。

 

topimg_original.jpg__900_675_

パナソニックのトイレ、「アラウーノ」シリーズは、上部の温水洗浄便座と下部の便器が、硬度を補強した有機ガラス系樹脂で一体成型されています。
樹脂は陶器に比べて水垢がつきにくいうえ、家電製品などと同様に金型で打ち抜くため、寸法精度が高いという特質があります。

おウチの中で、たぶん一番ちいさいけれど、そこはいちばんきれいにしておきたいお部屋。あなたの住まいのイメージにあったトイレをお選びください。

和の趣きを活かしたおもてなし邸宅

和の趣きを活かしたおもてなし邸宅。落ち着きあるパウダールーム

お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせ:093-931-0521

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.