お役立ち情報

お役立ち情報

日本の住宅、なぜ寒い? その3

日本住宅、なぜ寒い?

ここまでの話をまとめておきます。

1.日本の家は夏涼しい事を優先(実際は暑い)し、冬は寒さに耐えるのが日本の伝統と思っている文化がある
2.気密や断熱への関心が薄いので、ニーズがないので断熱に配慮した、高性能な部材が存在していなかった
3.車の燃費と同じように、家の燃費を気にする方も少しずつ増えはじめてきた

要約するとこんな感じだと思います。
ところで、
「アフリカから進化してきた人類は、暑さよりも寒さに弱い動物だ」という仮説がああります。
欧米では、健康への配慮から、住宅の最低室温を規制する国は多いのです。
イギリスでは、冬の室温として21度を推奨し、16度以下は呼吸器疾患への抵抗力低下などと規定されているのです。
日本では、店舗や事務所で17度~28度に温度を保つ規制はあるのですが、住宅は対象外です。

健康に対して、寒さの影響はとても大きいものがあります。
たとえば、急激な温度変化で体調が急変するヒートショックは年館で19000人以上だと推計されています。(厚生労働省)
この数は実に、交通事故の4倍にも達しています。

外気温低下と自宅死亡率の相関関係は西日本で高く、北海道は最も低いデータが得られています。
その理由は、家の断熱性能が低い地域は、室温も下がり、高齢者の体に悪影響が及ぶのに対して、断熱化が進んだ北海道では、室温が維持される為、ヒートショックが起きにくいのです。section2_img1

家の断熱化には、イニシャルコストが割高になります。
光熱費削減でランニングコストが削減されますが、回収には数年~数十年かかるケースもあります。
しかしながら、健康が保たれている事で払わずにすむ医療費や介護費を、費用対効果として合算するならば、もっお短い年数で元が取れることになります。
元が取れると言う、お金だけの話だけではなく、健康で、寿命も延びるとしたら、家の断熱化の必要性が確実に見えてくるのではないでしょうか

家の役割はまずは、生命を守ること。
この大切な基本を、私たちはプロフェッショナルとして、忘れてはいけません。

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.