お役立ち情報

お役立ち情報

ベランダとバルコニーの違い

ベランダとバルコニーはどちらも建物の外側に付いているものですが、違いがあります。
簡潔に言うと、その違いは屋根です。

ベランダは窓やドアを隔てたマンションなどの外側に付いている屋根のあるスペースです。
日本家屋では縁側と同じ意味を持っています。

 
マンションの場合は非常用の避難ハシゴや緊急スペースとして確保されているため、いざという時に邪魔になるものを置かないようにしなければならず、共同スペースでもあります。

 
そのため、ベランダでガーデニングなどをして床や壁を飾る方も、緊急の場合にはすぐに動かせるようにする必要があります。

一方のバルコニーは、屋根がなく、手すりでスペースが区切られている2階以上の高さのものを指します。
マンションの場合は上の階のベランダがそのまま屋根になっています。

 
そのためベランダのスペースが限られていますが、バルコニーの場合は広いスペースが多くなっています。
また、日本の建築基準法施行令で100センチメートル以上の幅と110センチメートル以上の手すりを付けることという決まりがあります。

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.