お役立ち情報

お役立ち情報

ヒートショックを防ぐためには何が大切?

冬場や春先でも気温の低い時に起こりやすくなるのがヒートショックです。

これは、温度差によって血管の収縮が激しくなり、時には命にかかわるような事態にもなりますし、実際に亡くなる方も多いことで知られています。

ヒートショックを防ぐためには、家の中の温度が一定であることが挙げられます。

冬場など暖かいリビングから冷えたトイレやお風呂場に入り、血管が収縮したところでいきんだり、湯船に浸かると一気に血管が膨張してしまいます。
そして血流の流れが速くなることで、血栓が押し流され、それが血管に詰まってしまったり、血管が破裂してしまうのです。
温度差はヒートショックの要因の一つでありますから、出来るだけ一定の温度の中で生活することが必然予防策となると言えます。

古い住宅や、断熱性が低い住宅などですと、この一定の温度を保つことが大変難しくなります。

自分自身は勿論のこと、大切な御家族を守るためにも、温度差のない住宅環境で、ヒートショックを防ぐことは重要なことですよね。
湿気やカビを防いだり、外気温に左右されにくい住宅こそ健康的な生活を送るための大切な条件ではありませんか?

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.