ブログ

ブログ

幸せなこと

ネットが普及した今、情報の入手はこのネットがその中心です。
そう考えると住宅についても営業マンの役割も大きく変わってきたと思います。

ネットや雑誌などが普及していなかった時代、家づくりを考える人の情報入手先は、営業マンに限られていました。
役立つ情報かどうかはわかりませんが、まずは営業マンの話を聞かない限り、前に進みませんでした。

それと比べると今、営業マンの役割は大きく変わってきています。
情報の入手は、お客様ご自身でいくらでも仕入れられることができるので。

ハゼモトはホームページを持っていない会社が少ない時代から、自作で情報を発信してきました。
当時は会社案内のパンフレットみたいなものでした。
会社の沿革、事業内容など。

それから15年位の年月が過ぎ、スマホが相当に普及した今、ホームページの役割そのものも大きく変わってきた感があります。
SNSで誰もが情報を発信し、共有することができます。

犯罪も、LINEなどが、その発端になったり、また事件解決にヒントになることも多々あります。

そうなると、どうなるのか?
ご承知の通りの状況ですね。
スマホが普及した今、誰もが気軽に情報を入手し発信できます。

 

そこには、、誹謗中傷など悪質な情報も沢山あります。
火のないところに煙は立たないと言いますが、ネットの世界ではそうでもないことが多々あるようです。
お金を掛けてその情報を削除したりしても、時間とお金に無駄で、本当に悪意ある人の口は防ぎようがありません。イタチごっこです。

住宅はクレーム産業だと言われています。

その中で、私が今まで仕事をしてきて感じることは、いわゆるクレームを言ってくださる方は、腹立たしい気持ちを伝えたいというのが、その一番の理由だと思いますが、その背景には、私たちの事を頼りにしている、しっかりしてよと言う激励に気持ちもあるのです。
そこには見えない「絆」があります。

一方、ネットでのバーチャルな世界では、その「絆」を感じる事はあまりありません。
ブラックホールのように、マイナスの感情スパイラルを生み出すような気がしてます。

話は少し飛びますが、最近、国会の答弁で安倍晋三総理がヤジを飛ばしたと批判される事が多々あります。ヤジを飛ばしたい気持ちは十分理解できるのですが、野党は総理の失言やチグハグな答弁を引き出そうと躍起になっています。
そこに反応していては、思う壺。
その対応がテーマに早変わりし、切り崩しに掛かってきます。

要は、リアルの世界でもバーチャルな世界でも、過剰反応はあまり利点がないという事です。
人間も会社も商品も世の中全て、良いところがあれば、そうではないところもあるのだと思います。

真実や正義、正しい心は、なかなか表に出にくいのですが、それがわかって頂ける方と、楽しい仕事、豊かな人生を送る事ができたら、大いに幸せだと感じています。

 

 

 

 

 

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.