ブログ

ブログ

GLのナゾの続き

今日もGLの話です。

建築で言うところのGLとは図面上の仮の高さ基準という事まで、お話しました。
ここから先は、少し難しいかも知れませんが、なるべくわかりやすくお伝えします。

GL±0は基礎天端から50ミリ下がったところであるという事が、このGLのナゾを解く鍵でした。
この決まり事が、GLをわかりにくくします。

このナゾの基本的考え方をご説明します。
住宅会社のGL設定は、既存地盤がほぼ、基礎の底盤面という考え方をする時があります。
基礎のイメージからすると既存の地盤を掘り下げるイメージがあるのだと思いますが、掘り下げない場内もあるのです。

この考え方が最適かどうかは他の時に議論します。

仮にそうなった時どうなるか?

既存地盤、イメージ的にGL±0と思う地盤面が、実は0ではなくなってしまいます。
それは、前にもお話したように、ベタ基礎の天端がGL+50と決まっているので、それから逆算すると、基礎の底盤は、-250とかの数字に自ずとなるのです。

何で?と思うかも知れませんが、このGL+50が決まっている以上、そんな風にしかならないです。

という事は、どこがGL±0だか特定できません。
これが、GLのナゾというか、GLを設定する上での考え方なのです。

じゃ、なんでこんな考え方になるのかと言うと・・・

 

また、じらすようですが、次回にお話させて頂きますね。

 

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.