ブログ

ブログ

数値が意味するもの

昨日、お客様に家づくりについてご説明させて頂く機会を頂きました。

その中で、お客様が言われたことがとても印象的でした。
「どのメーカーさんを回っても、Q値とC値の事しか言わないのです」

ある意味、省エネを意識しているメーカーさんが増えた証なのだと思います。
住宅業界も進化している訳ですから、喜ばしい事です。

「でも、単純に難しい言葉だと思いませんか?」とお尋ねしてみると、
お客様はこう言われました。
「そう、なんです。なんだか一方的に数値を言われても、それが何を意味するのか?皆目検討がつかないのです。」

一般の方々の本音だと思いますし、またある意味本質を突いているのだと思います。

実は、説明している営業マンでさえ、その数値が何を意味するものなのか、
またQ値やC値が何の為に存在するのかが皆目わかっていない方が大半なのです。

 

でも、最近は住宅の広告にも「Q値」が表示されるケースがだんだん増えてきました。
この「Q値」は、 “熱損失係数”といって、室内外の温度差が1℃の時、家全体から1時間に床面積1㎡ あたりに逃げ出す熱量のことを指します。

室内の温度が屋外よりも高い場合、熱エネルギーは住宅の壁や天井(屋根)、床、窓や玄関 など、あらゆる場所から逃げていきます。
それを防ぐため、室内空間をすっぽりと包みこむ ように、断熱材で覆ってしまうのが断熱化です。
断熱化には、いくつかの工法がありますが、 基本的には人が使う室内空間を隙間なく覆うことです。
魔法瓶のようにすることで、少しの 暖房エネルギーで家中が暖まるという訳です。
温度の高低は反対になりますが、同じ原理で 夏には外からの熱の侵入を防ぎ、冷房を効きやすくすることができます。
真夏は2階の部屋 が暑くて居られないというお宅はありませんか。
天井の断熱と窓の日射遮蔽をしっかりすれ ば、こうした状況は避けられます。
毎日、暑くなった部屋をエアコンを使って普通に過ごせ る温度に冷やしても、エアコンを止めるとすぐにまた暑くなるならば「Q値」が大きい、 つまり熱が逃げやすく、入りやすいということを示しています。
もちろん小さければ小さいほど、熱が逃げにくい ので居住性能がいいとされていますが、この数値の落とし穴が実はあるのです。
<(財)建築環境・省エネルギー機構 (IBEC)>が提供している図を見て頂くと分かりやすいのだと思いますが、 熱は4つの部位から逃げていきます。

 

sjuutaku6この数式の中で、QW(外壁・窓から逃げる熱)、ここに落とし穴があるのです。

 

 

外壁と窓を分けて考えてみます。

concept_img04_02窓からの熱損失が圧倒的に多いのがわかると思います。
Q値を小さくするには、断熱性に優れた窓にするのが、良いことがわかります。

でも、それより有効的な方法があります。
窓を小さくする。
もっと追求するのなら、窓を無くす事です。
究極は牢屋のように薄暗い部屋にすれば、Q値は間違いなく下がるのです。
ここには自然の力である、熱・光・風など、人間が心地よく暮らすのに大切な要素は全く含まれていません。

小さな数値を自慢する営業マンがいたら、尋ねてみてください。

「Q値が意味するものは?」
「Q値をどうやって下げているのですか?」
「Q値が低い家は快適ですか?」

Q値は小さい数値を目指すのは当然ですが、あくまでもこの数値は保温性能を示す目安となる数値です。
熱の逃げやすさを表す数値なのです。

Q値からどんな事がわかるかと言えば、室内に必要な暖房負荷、 光熱費をおおよそ計算することができます。

 

図1

 

 

 

 

例えば Q値が2の100㎡建物で、室内が20℃、屋外が5℃だとすると、どういう状態になるかと言うと・・・
建物から逃げる熱量==Q値×温度差×床面積
2w/㎡k×(20℃-5 ℃ )×100=3000w

3000wの暖房機があれば、家の中を、常に20℃に保つことができると言うことを意味します。

こんな風に分かりやすく説明してくれる営業マンがいたら、その方は本当の事がわかっている方だと思います。

私の考えるところはこんな感じです。
数値を単純に競うのではなく、光熱費削減に繋がる基準として、この数値を意識しながら、人間らしく快適に暮らす事をキチンと考えながら家づくりをする事が大切だと考えています。
人間らしく快適に暮らす事とは、熱や光、風を上手にコントロールしながら上手に付き合う事。
自然と共存する事ですね。

ここを忘れて、数値を追い求めても何の意味もないのです。

 

 

 

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.