ブログ

ブログ

北九州|住宅の断熱基準レベル

こんにちは
価格と性能を両方まじめに考える北九州の工務店、ハゼモト建設の櫨本です。

北九州の住宅における断熱基準レベルについて、業界新聞の「新建ハウジング」さんが主宰して専門家や団体リーダーさんからの提言をまとめた記事があります。

出典:新建ハウジング

相当に、ショッキングなタイトルですが、
内容と言えば、私は当たり前の事を言っている感覚で捉えていますが、主だった先生方のコメントを掲載させていただきます。

出典:新建ハウジング
出典:新建ハウジング

各有識者の見解は、北九州の住宅断熱レベルは、やはりHEAT20のG2レベル、UA値0.46が義務化レベルという認識です。
この基準が、相当に高い技術レベルのように感じる会社は、2030年までにG2レベルの家を作るのは無理なような気がします。恐らく2025年には新築業界からは退出していきます。

もう、平成28年基準の説明義務化のような、本気モードではないユルユルな規制は早々とやめて、第一段階であろZEHの義務化へ向けてカジを切るべきだと、私自身の願いも込めて、勇気ある前進の必要性を感じています。

===================================

【ハゼモト建設株式会社】
新築・中古・注文住宅・土地探しサミットなど家づくりに役立つイベントを多数企画しています。
北九州の気候に合った住まいかたのご提案はホームページをご覧ください!
https://hazemoto-k.co.jp/

【EcoSuma】
価格と性能を両方まじめに考えました。北九州で月々4万円台で叶う全棟ZEH対応の新築住宅。
「EcoSuma」(エコスマ)の施工事例をぜひご覧ください!
https://ecosuma-kitakyu.com/

【北九州「土地・住宅」見つかるネット】
北九州市で土地・新築一戸建てを探すなら『北九州「土地・住宅」見つかるネット』!
エリア別に新着物件を多数ご紹介中です♪
http://www.mitsukarunet.com/

+++——————————————————————————————-+++

☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺

北九州市新築・注文住宅をご検討のみなさま。

コロナウイルス対策の為、完全予約制です☆

また、オンライン相談会も可能です♪

安心してお越しください。

↓↓ご来場予約はこちら↓↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E6%9D%A5%E5%A0%B4%E4%BA%88%E7%B4%84-300x153.png

☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺

価格と性能を両方まじめに考えています。-ハゼモト建設株式会社-

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: thumb.jpg

『生まれ育った地域を大事にし、1組1組のお客様を本当に大事にする』

創業から変わることのないその信念はハゼモトにとって大切な原点です。

そして、多くのお客様と出会い芽生えた一つの想い。

それは、「北九州の子育て家族のくらしを応援したい。」ということ

そして、それを実現するための3つの本気。

北九州の子育て家族を応援する

家づくりを通して一生涯のお付き合い

自然と共生する暮らし方をサポート

その一つの想いと3つの本気は ハゼモトがここに存在する意味。

ハゼモトにしか出来ない役割なのだと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hz69-300x120.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%9B%BB%E8%A9%B1.png
 すぐにご相談したい方にオススメです お気軽にお問い合わせください
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB.png
 時間に関係なくご相談したい方にオススメです 24時間受付(年中無休)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%A2%E3%83%86%E3%82%99%E3%83%AB.png
モデルハウスを見学しませんか? 受付フォームはこちらをクリック

【2021年版】新築住宅で使える補助金とは?北九州で注文住宅をご検討の方必見。

新築住宅を建てるには数千万円にものぼる膨大な費用がかかります。その費用の一部を国や地方自治体が負担してくれる補助金・助成金制度や減税制度が存在します。知らずに使わないのはもったいないので、最新情報を把握しておきたいものです。
そこで今回は、2021年現在、北九州での新築時に受けられる補助金・助成金や減税制度を紹介します。

□新築住宅で使える補助金一覧

*すまい給付金

すまい給付金は、消費税が10パーセントにアップした際に、住宅購入の負担が重くなるのを補填するためにできた給付金制度です。新築住宅を建てる場合にも、要件を満たせば適用されます。給付金額は最大で50万円です。ただし取得者の年収や床面積に制限があるため、新築の際は確認が必要です。

*ZEH補助金制度

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、断熱性や省エネ性の高い住宅にすること、ソーラーパネルなどでエネルギーを自ら創り出すことにより、年間の消費エネルギーの収支をプラスマイナスゼロにすることを目指した住宅のことです。

ZEH住宅として認定される基準を満たした新築住宅は、ZEH補助金の給付対象となることもありますし、税金面での優遇もあります。

*地域型グリーン化事業補助金

地域型グリーン化事業補助金は、各地域の木造住宅を建てる際に受給できる補助金制度です。この制度の特徴は、施主が直接申請や受給に関わることはなく、住宅を建築する事業者を対象としているということです。この補助金の採択を受けた事業者が複数の条件を満たす家を新築することで、施工主が補助金を受けられます。

木造住宅や省エネ住宅の新築を検討している方は、この事業の採択を受けた業者に相談して適用条件を満たす家をつくることで、費用を抑えることが可能になります。
施工実績によって施工会社が割り当てられる枠が異なります。

□新築住宅購入で受けられる減税

住宅購入に役立つ制度は補助金だけではありません。
減税制度活用することで、家計の負担を抑えられます。

例えば減税制度の代表格に、住宅ローン減税制度があります。確定申告をすると、その年の年末時点でのローン残高の1%(最大40万円)が、所得税から控除されます。控除期間は10年間なので、大変助かる制度です。

また、登録免許税も減税の対象となります。不動産を登記する際に支払うのが登録免許税で、本来は、土地や建物の評価額の0.4~2%の税金が課されます。しかし、住宅を新築、購入した場合に限り、税率が0.1~0.3%に軽減されます。この税率が適用されるのは、2022年3月31日までとなっています。

□まとめ

今回は、2021年に住宅新築・購入で活用できる各種補助金や減税制度を取り上げました。申請の締め切り日を過ぎると補助金を受けられなくなるため、常に最新の情報を確認しておくことをおすすめします。
補助金制度や新築のことで不明点等ございましたら、お気軽にご相談ください。
価格と性能、両方まじめに考える工務店ハゼモト建設北九州で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社までご相談ください。

☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻  ☺ ☻  ☺

コロナウイルス対策の為、完全予約制です☆

オンライン相談会も可能です♪

安心してお越しください。

☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻  ☺ ☻  ☺

            since1965

【土地なし】注文住宅を建てるときの流れを解説します。北九州で注文住宅をお考えの方へ。

注文住宅を建てるには土地が必要ですが、すべての人が土地を持っているわけではありません。土地がない場合は、土地の購入から行う必要があります。しかし、注文住宅の新築はほとんどの方にとってはじめてですので、どのような流れで進めていけばいいのか戸惑うことでしょう。
そこで今回は、土地がない方が注文住宅を建てる際の大まかな流れを解説します。

□土地なしからの注文住宅を建てるときの流れ

*土地を探す方法

まず、土地がない方は土地探しからはじめます。土地探しの方法としては、不動産会社やハウスメーカー、工務店などへ相談する方法、ご自分でインターネットを駆使して探す方法、そして現地へおもむき売地を探す方法があります。

インターネットや現地を訪れることで、自分の力で理想の土地に出会えることもあります。しかし、ほとんどの場合は理想の土地がすぐに見つかることはありません。そこで、不動産会社や建築会社に頼ることで、プロの目線から理想にぴったりの土地を紹介してもらえます。建築会社であれば、土地探しから注文住宅の新築までワンストップで担当してくれます。

*土地の敷地調査と地盤調査

良い土地が見つかったら、次にその土地は新築を建てられる状態なのかをチェックする敷地調査と地盤調査を行います。この段階で土地の形状や接道状態、電気やガスのライフラインなど、技術的な調査がなされます。また、仮に弱い地盤に家を建てると、どれだけ耐震性の高い家を建てても、地震の際に地面から歪みが生じてしまいます。十分な耐震性がある土地かを確認するために地盤調査は欠かせません。結果次第では、地盤改良工事が必要なこともあります。
不動産会社はその建物や外構や擁壁工事の事までは、一般的に専門分野外ですので、建てる会社を決めているのであれば、ハウスメーカーや工務店にも相談して、その時を購入するかどうかのアドバイスや付帯工事の見積などを頂くと安心となります。

*土地の購入・契約

地盤の安全性の確保や敷地調査が終わり、その土地を購入する意思が変わらなければ、購入・契約となります。土地購入には多額の費用がかかりますが、土地単体ではローンを組めません。自己資金かつなぎ融資で支払う必要があります。
金融機関によって、金利や支払条件なども異なりますので、この時点でしっかりと相談しておくことが重要なポイントとなります。

*住宅のプランニング及び設計 

土地を購入したら、その土地に建てる家の仕様の検討がスタートします。
間取りやデザイン、性能など、自分らしさを出せる楽しみの多い段階ですが、予算をしっかりと頭に入れて、常に確認しながらプランニングをしてもらうと良いと思います。
希望のプランができても、予算が合わなければ、台無しです。

*建築請負契約

住宅の仕様が決まったら、次は建築請負契約を締結します。この段階で取り交わす契約書に書かれている内容はすみずみまで熟読して、乖離や齟齬がないかをしっかり確認しましょう。契約締結後に契約内容に齟齬を見つけても、修正がきかないことがあります。
チェックするポイントの概要は下記の通りです・
①金額、消費税が含まれているか
②工期 引越の時期を明確にスケジューリングできるか
③仕様 標準工事とオプション工事の確認
④保証 アフターメンテナンス体制及び無償対応の範囲
⑤性能 高気密高断熱住宅においてのUa値やC値などの性能数値
⑥変更 変更や追加がいつまで可能か

*建築確認申請

設計した家が法律の基準を満たしているのかを確認するために、確認審査を受けます。
建築許可証が審査機関から発行されたら着工を開始して大丈夫です。
これとは別に長期優良住宅の認定なども検討するべきポイントです。税制などのメリットもあります。

*住宅ローンの借入れ

住宅ローンを利用する場合、本審査を通らなければなりません。必要な書類は所を証明する書類だけではなく建築確認申請書や土地や請負契約書なども必要です。金融機関によって違いますが、2~3週間程度の時間がかかりますので、ご注意ください。住宅ローンでは、返済期間や金利を選ぶのも非常に重要です。勤務先や家族スタイルなどでも金利が異なる場合があります。少しでもメリットの大きいローンを組むようにしましょう。

*着工・上棟・竣工

いよいよ注文住宅を建てる工事のはじまりです。ただし、工事の前には近隣への挨拶もしなければなりません。家を建てた後でも近隣の方々と良い関係性を築くためにも、周囲への気配りを忘れないようにしましょう。
施工会社がどんな配慮をしながら工事を進めるのか、ほとんどの方が、気ににしていませんが事前にチェックする事が大切です。

*完成立会い

完成したら立会いをして、住宅の不備がないか、契約内容と乖離がないかなどを確認しまが、建築中の段階で、現場を確認させて頂くのも良いかもしれません。

*引き渡し・入居・アフターメンテナンス

全部のプロセスが終わったら引き渡しをして入居です。理想の家が実現して、新生活へのワクワクで胸がいっぱいのことでしょう。しかし、入居してみると不具合が見つかることがあります。無料保証や定期点検など、アフターメンテナンスがどのような内容かを確認しておきましょう。

□まとめ

今回は、土地がない場合の注文住宅を建てる流れを紹介しました。
土地探しから住宅の完成まで、労力と時間がかかります。
少しでも労力を省くためにも、すべて自分で考えようとせず、住宅のプロを頼っていただければと思います。
北九州で注文住宅をお考えの方は、土地探しから家づくりまで全力でサポートさせていただきます。
価格と性能、両方まじめに考える工務店ハゼモト建設北九州で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社までご相談ください。

☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻  ☺ ☻  ☺

コロナウイルス対策の為、完全予約制です☆

オンライン相談会も可能です♪

安心してお越しください。

☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻ ☺ ☻  ☺ ☻  ☺

            since1965

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.