お役立ち情報ブログ

お役立ち情報ブログ

【北九州新築コラムvol.154】小規模宅地の特例って何だろう?

これから北九州市で新築・注文住宅を建てたいとお考え中のお客様へ

ここ数年、新築二世帯住宅をご希望される方が増えているように感じます。

理由として、両親が高齢になり心配であることや、子育て世代が仕事をしていて

子供たちを預かってもらいやすく、安心である事。

北九州市で新築・注文住宅を建てたいが...土地代が高く住宅の予算が足りない...。

実家を二世帯住宅として建て替えた方が、新築・注文住宅の方に予算を回せるようになりますね。

小規模宅地の特例

小規模宅地の特例とは、親族から不動産を相続した方が、

相続税を安く抑えるために使うことができる特例の事です。

小規模宅地の特例が適用されると、土地の課税対象額が減額され相続税が安くなりますが、

二世帯住宅の場合、特例がどのように適用されるのかは条件により変わってきますので注意が必要です。

北九州市で新築の二世帯注文住宅を建てたいとお考えの方は、

特例の事を知っておくと後々に相続となった時に良いでしょう。

二世帯住宅は、同じ建物に住んでいるが別々の空間で暮らしている家族を指しますが、

小規模宅地の特例を受ける場合、配偶者が相続人であれば、

小規模宅地の特例が適用されやすいですが

二世帯住宅で暮らしている親から子供へ住宅が相続される場合、

条件を満たしていないと特例を受けられません。

仮に税務署が、親世帯部分と子供世帯部分が別々であるとみなした場合、

親世帯部分しか小規模宅地の特例は適用されません。

建物全体に特例が適用される場合と、部分的にしか適用されない場合では、

相続税が減額される割合は少なくなります。

二世帯住宅で建物全体に小規模宅地の特例が適用されるのはどの様な場合なのでしょうか。

小規模宅地の特例が適用される為の条件については、次回お知らせしたいと思います。


新築二世帯注文住宅を、ハゼモト建設で建ててみませんか?

北九州市の工務店「ハゼモト建設」の新築・注文住宅では、様々なプランを取り揃えております。

これから北九州市で新築・注文住宅をお考えの方は、ぜひハゼモト建設ショールームにお越し下さい。

スタッフ一同、ご来場お待ちしております。

【北九州新築コラムvol.153】用途地域・建蔽率・容積率って何?

これから北九州市で新築・注文住宅を建てたいとお考え中のお客様へ

北九州市で新築・注文住宅を建築しようとした時に、用途地域・建蔽率・容積率と耳慣れない言葉が出てきます。

なんの事なのでしょうか?

土地が広いと必ず広い家が建つのでしょうか??

今回は【用途地域・ようとちいき】【建蔽率・けんぺいりつ】【容積率・ようせきりつ】

についてお知らせしたいと思います。

【用途地域】

都市計画法で決められた、土地を無秩序に開発されることを防ぐための土地利用の指定のことです。

住居系は、第1種・2種低層住居専用地域、第1種・2種中高層住居専用地域、

第1種・2種住居地域、準住居地域、田園住居地域の8種類があります。

それぞれ建物の高さや使用用途が決められています。

住居系でも、スーパーや飲食店、学校などを建てることができますが、

地域によって建てられる建物の制限の厳しさが異なります。

商業系は、近隣商業地域、商業地域。

工業系は、準工業地域、工業地域、工業専用地域。

用途地域は全部で13に分かれています。

この中で、工業専用地域を除くすべての地域で住宅の建設が可能です。

【建蔽率】

建築面積÷敷地面積×100 で求められる割合です。

建築面積とは、建物に真上から光を当てたときにできる影の面積(水平投影面積)のことです。

外階段や1m以下の飛び出しバルコニーは含まないなど除外もあります。

建ぺい率は用途地域ごとに値の範囲が決まっており、細かい数字は地域自治体が決めています。

【容積率】

(延床面積)÷(敷地面積)×100 で求められる割合です。

延床面積は、各階の床面積をすべて合計した数値のことをいいます。

都市計画で決められている指定容積率、前面道路の幅員に基づく基準容積率、

どちらかの厳しい容積率になります。

色々な法令や制限により、土地に対して建てる事の出来る面積が決まってくるのです。

北九州市で新築・注文住宅を計画する際は、家だけでなく土地の性質も重要です。

家だけでなく土地探しのご相談も、随時受け付けております。

お気軽にご相談ください。

環境に配慮した「EcoSuma」の ZEHスマートハウス 高断熱・高気密な新築一戸建ての

お気に入りのプランを探してみませんか?

北九州市の工務店「ハゼモト建設」の新築・注文住宅では、様々なプランを取り揃えております。

これから北九州市で新築・注文住宅をお考えの方は、

ぜひハゼモト建設ショールームにお越し下さい。

スタッフ一同、ご来場お待ちしております。

【北九州新築コラムvol.152】自転車は、空いたスペースでOK?

これから北九州市で新築・注文住宅を建てたいとお考え中のお客様へ

今回は、自転車の保管スペースについてお知らせしたいと思います。

みなさま、北九州市で新築・注文住宅を建てようと思った時に自転車の保管は

どの様に保管するか決めていますか?

北九州市で新築・注文住宅のプランを考えた時に、まずは家の間取りからでしょうか?

自転車が趣味といった場合では、室内に保管するスペースを確保する場合が多い為

間取りを考えている時にも、壁に取付金具を付けようか、吊り下げようかなど・・・

自転車の保管場所を考えるのも楽しい時間になりますね。

大半の方は、せっかく新築・注文住宅を建てるのだから、

駐車場は自宅の敷地内に作りたいと考えています。

駐車スペース2台は欲しい。

自転車は3台あるけれど・・・空いたスペースに置くから大丈夫!

と考えていると意外と自転車スペースは場所を取ります。

北九州市で新築・注文住宅のプランを考える時は、

自転車1台につき幅60cm、長さ180cmで考えます。

3台となると約2帖のスペースが必要になりますね。

自家用車の近くに置いていると、台風や強風で倒れて愛車に傷が・・・・なんて事もあります。

これから北九州市で新築・注文住宅を計画される場合には、

出し入れしやすい自転車置き場も考えてみてはいかがでしょうか?


環境に配慮した「EcoSuma」の、 ZEHスマートハウス 高断熱・高気密な新築一戸建ての

お気に入りのプランを探してみませんか?

ハゼモト建設の新築一戸建て住宅では、様々なプランを取り揃えております。

これから北九州市で新築・注文住宅をお考えの方は、

ぜひハゼモト建設ショールームにお越し下さい。

スタッフ一同、ご来場お待ちしております。

1 2 3 4 5 125
本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.