ブログ

ブログ

【北九州新築コラムvol.144】「外構」と「エクステリア」の違い

北九州市で新築・注文住宅を検討している皆様は、家の外にもこだわりたいですよね。
エクステリアは少し前までは外構工事といわれていました。
お隣や道路との境界にブロックやフェンスを設け、囲うだけの工事として「外」を「構える」と書いて「外構」と呼んでいたのです。


デザインというよりは防犯や目隠しといった機能性とコストを重視したものがほとんどでした。
ブロックを積んだ塀だけの部分的な工事などが多かった頃は、図面まで作成しなくても済みましたが、北九州市の最近の新築・注文住宅は建物の外観や街の景観まで含めたトータルのコーディネートまで提案を求められることが増えてきています。

内装工事をインテリア工事と呼ぶように、外構工事はエクステリア工事と呼ばれるようになりました。
北九州市で新築・注文住宅を考えているお客様は、デザインや商品に対するこだわりが強くなってきています。
なかにはDIYでお客様ご自身で作るといった方も増えてきました。

ただ、エクステリアには様々なデザインがあり、我が家にはどんなデザインが似合うのか皆さんは迷われることと思います。
また、そこに使われる素材や商品も膨大な数があり総合カタログなどを前に途方に暮れる方も多いのではないでしょうか。

デザインにもこだわりたいということで、インターネットや雑誌で沢山の事例を集める方もいらっしゃると思います。
北九州市で新築・注文住宅を考えている皆様の中には、自分の家なのだから自分の好きにしたいという方もいらっしゃるでしょう。

しかしちょっと待ってください。そのプランは建物との調和や耐震強度、完成後のメンテナンスまでちゃんと考えられていますか?

実はここが一番大切なのですが、その話をすると皆さん「そんなこと素人にはわからないよ」とおっしゃます。
エクステリアの専門店には様々な研修を受け実務経験も豊富な専門スタッフが居て皆さんのお悩みに的確に答えをだしてくれます。
エクステリアには決まったパターンは無く一軒一軒お客様の敷地や家族構成、建物の間取り、道路との高低差や日当たり水はけ等も考慮して計画をします。

外構も「隠す時代」から「魅せる時代」へと変化してきたのです。
北九州市で新築・注文住宅をと考えている皆様、せっかくなら「お家の中」以上に「お家の外」もこだわってみてはいかがでしょうか?

【北九州新築コラムvol.143】家にまつわることわざや慣用句 その6

『家にまつわることわざや慣用句 その6』

これから北九州市で新築・注文住宅を建てたいとお考え中のお客様へ

日本には古くから『家』を題材にした「ことわざ」や「慣用句」があります。

北九州市で新築・注文住宅をご検討の方に今日も、いくつか紹介してみましょう。

★うなぎの寝床(うなぎのねどこ)

間口が狭くて奥行きの深い建物や場所のたとえ。

京都の町屋は宅地の間口が狭く奥行が長いことから「うなぎの寝床」と呼ばれるようになったとのこと。

町会所の維持費や幕府からの賦課金などを間口の大きさによって分担していたことと、

都市に住む庶民は原則として商人や職人であり、通りに面した家に住みたいという希望が強かったことの2点から、

間口が狭く奥行が長い宅地が一般化したとあり。

なお絵画資料に見られる近世初期までの町家は間口2~3間、奥行4間程度のものと推定されるとの記載もあり。

★畳の上の水練(たたみのうえのすいれん)

畳の上の水練とは、理論や方法を知っているだけで、実際の役には立たないことのたとえ。

畳の上で行う水泳の練習は、効果がない事からうまれたことわざ。

いかがでしたでしょうか?

ハゼモト建設の新築・注文住宅でも、様々な間口のプランを取り揃えております。

北九州市の工務店ハゼモト建設がご提供する「EcoSuma」の、豊富な新築・注文住宅プランでお気に入りのプランを探してみませんか?

これから北九州市で新築・注文住宅ををお考えの方は、ぜひ北九州市の工務店ハゼモト建設ショールームにお越し下さい。

スタッフ一同、ご来場お待ちしております。

【北九州新築コラムvol.142】家にまつわることわざや慣用句 その5

『家にまつわることわざや慣用句 その5』

これから北九州市で新築・注文住宅を建てたいとお考え中のお客様へ
日本には古くから『家』を題材にした「ことわざ」や「慣用句」があります。
北九州市で新築・注文住宅をご検討の方へ今日も、いくつか紹介してみましょう。

★壁に耳あり、障子に目あり(かべにみみありしょうじにめあり)

壁に耳あり障子に目ありとは、隠し事はとかく漏れやすいものだから、注意せよという戒め。

こっそり話しているつもりの密談でも、誰かが壁に耳をあてて聞いているかもしれないし、

障子に穴をあけて覗き見しているかもしれないことから、隠し事を話すときは注意するべきだということ。

単に「壁に耳」ともいう。

★男は敷居をまたげば七人の敵あり(おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり)

男は敷居を跨げば七人の敵ありとは、男が社会で活動するときは、いつも多くの競争相手や敵がいて、

いろいろと苦労があるというたとえ。

男がいったん家の敷居をまたぐと、外にはすでに多くの敵が待ち構えているという意味から。

「七人」は「多くの」という意味。「敷居」は「閾」とも書く。「敷居を跨げば七人の敵あり」ともいう。

★起きて半畳、寝て一畳(おきてはんじょうねていちじょう)

起きて半畳寝て一畳とは、人は必要以上の富貴を望むべきではなく、

満足することが大切であるという教え。

どんなに大きな家に住んでいようと、人一人が占める場所は、

起きているときは半畳、寝るときは一畳あれば充分足りることから。

後に「天下取っても二合半」と続けてもいう。

※補足:「天下取っても二合半」(てんかとってもにごうはん)

天下取っても二合半とは、あまり欲張るなという戒め。

たとえ出世し天下を取った人間でも、一食に二合半ほどの米を食べるのが限度であることから。

最近の北九州市の新築・注文住宅では、和室が少なくなりましたね。

畳や障子、襖。情緒もあり新畳のいい香りや、畳でゴロ寝するのも気持ちが良いものです。

北九州市の工務店ハゼモト建設がご提供する「EcoSuma」の新築・注文住宅プランでは、和室があるプランや、畳コーナーのあるプランもあります。

これから北九州市で新築・注文住宅をお考えの方は、ぜひ北九州市の工務店ハゼモト建設ショールームにお越し下さい。

スタッフ一同、ご来場お待ちしております。

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.