ブログ

ブログ

【北九州新築コラムvol.43】知らなきゃ損!資産価値の高い土地の選び方

資産価値

北九州市で新築新築をお考えの皆さんこんにちは。
一生もののマイホームを吟味したつもりでいても、止む終えない転職・転勤など生活が激変し、
マイホームを売却しなくてはならない可能性は消えないものです。
そのような場合に、売値が予想以上にやすかったり、ローンの残債よりかなり少ないというときには売却できないということも起こります。
あまり考えたくはないですが、今日はそのような場合に備えた住宅の選び方について考えてみます。

住宅の資産価値で一番重要なのは何でしょうか?
それは土地のある場所、つまり立地です。
戸建を売却することになった場合には、査定額に一番影響するのが立地です。
そして、その価格を決める目安となるのが国土交通省が公表している「公示地価」や、国税庁が公表している「路線価」です。
購入したときよりも周辺環境がよくなっていれば、売却時の価格の下落を抑えることができます。
人気のある駅付近ほど地価が下がりにくく資産価値が下がりにくくなりますが、
新築戸建を駅前に建てることは都市計画の問題や物件価格などから難しいため、最寄り駅から徒歩20分県内を目安とするといいでしょう。また、ショッピングモールなどの商業施設や小学校などが近くにある物件も地価が下がりにくいと言われます。

北九州市で新築住宅を購入するときは、将来のことも考えて資産価値の下がりにくい物件にも注目してみましょう。

【北九州新築コラムvol.42】交通事故の3倍!?気をつけたいヒートショック!

ヒートショック

北九州市で新築住宅をお考えのみなさん、春が近づいてきて温かい日も増えてきました。しかし、この季節は意外とヒートショックを起こす方が多いということをご存知でしょうか?
今日は、このヒートショックについてです。

近年よく聞かれるようになって来ましたが、ヒートショックとは
お風呂上りなどに、急激な温度変化が起こることで血管が収縮、或いは膨張し血圧を大きく変動させることで起こる、人体への悪影響のことです。
血圧が大きく変動を起こすと、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こすことがあり、大変危険な問題となっています。

実は、ヒートショックがもとで死亡される方は交通事故の3倍以上ともいわれており、
年間で2万人近くのもの方がヒートショックが原因で亡くなったと推計されています。
真冬の寒い頃が一番心配な時期ではあるのですが、
風呂場と脱衣所の温度差がだいたい10度以上あるといけないと医学的に言われており、暖かくなってきたこの時期も注意が必要です。

効果的にリスクを減らす予防方法としては、脱衣所の温度を予め温めておき、
お風呂場に入る前にはシャワーや浴室暖房を活用し浴室全体を温めておくとよいと言われていますが・・・

一番いいのはやはり、温かい家を建てることです。
「ハゼモト建設」は、認定低炭素の高気密高断熱住宅が標準仕様となっています。
ヒートショックの問題以外にも、せっかく北九州市に新築住宅を建てるのなら、
高気密で隙間風がなく、高断熱で外が寒い日でも温かいマイホームに住みたいですよね。
そんな性能重視の方にも、「ハゼモト建設」ならご満足頂けます。
ぜひ一度モデルハウスにも足を運んで下さい。
「ハゼモト建設」の住宅アドバイザーがご案内致します。

【北九州新築コラムvol.41】キッチンこそこだわりたい!人気の材質について

北九州市で新築住宅をお考えの主婦の方では、家づくりで一番こだわりたいところはキッチンという方が多いようです。
一日のうちでもキッチンで過ごす時間は長くなりますし、快適さ次第では、家事をしているときの気分もぜんぜん違うものだからでしょう。
そんなキッチンに欠かせないものといえば「シンク」が挙げられます。
今回は『「ハゼモト建設」で人気のシンクの材質』について取り上げたいと思います。

キッチン材質

まず、最も一般的な材質であるステンレスについてです。
みなさまもご存知のようにステンレスは耐久性・耐熱性に大変優れ、メンテナンスも簡単でとても扱いやすい材質です。
更に、近年では汚れをサッと落とせるような特殊な表面加工をしたものも登場し北九州市で新築住宅を建てたお客様にも人気です。
そんなステンレスのデメリットは、ほとんどないのですが、
唯一「ナチュラルテイスト」などの暖かな雰囲気を出したいときには、金属特有の冷たさがネックになることがあります。
ですが、加工を施すことで、いろいろなテイストになじませることが可能です。

キッチン材質2

次に最近使用する方が増えてきた人工大理石についてです。
人工大理石は大きく分けて、「アクリル系」「ポリエステル系」に分かれています。
アクリル系はポリエステル系と比べ透明感が高く、衝撃にも強いこと特徴で、
ポリエステル系はアクリル系より性能が劣るものの、比較的安価に設置できるということが特徴と言えるでしょう。
色合いなどもキッチンのタイルに併せてお選びいただけ、バリエーションも大変豊富なので、
キッチンのテイストのを損ないにくいことがメリットです。
ステンレスに比べ馴染みのない材質ですが、汚れも落ちやすくお手入れも容易な材質になります。
いかがでしょうか、北九州市で新築を立てるときに一番楽しいのが
カラーや素材をきめているときです。
しかし、それと同時に大変迷ってしまいやすい部分にもなります。
そんなときは是非この記事を参考にしてください。

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.