ブログ

ブログ

地域の人々と家の関係

「地元で生まれ地元で育った工務店」であるハゼモトは地域や地元をとても重要だと考えています。

地域や、近隣の人々がお互いの顔を知り、
自然とあいさつを交わせる仲であることは、
普段の生活でも、また、防災の面からもとても大切なことです。

地震や、津波などの自然災害、火災や普段の生活でも、
近くに頼れる人がいることで心強く、
家族以外にも話し相手ができるなどの良い面があります。

夜中の火災や、災害時には、寝室の場所がわかると、
生き埋めや、逃げ遅れた方々を発見しやすいと言うメリットがあります。

近隣に、寝室の場所を知らせておいたり、
地域の避難訓練に参加したり、地域の行事に参加しておくと良いです。

お子様がいる場合には、地域の方々や、近隣の方々と共に育てていくことで、
情報交換も出来ますし、事件や、事故の被害を事前注意して未然に防ぐことにも役立ちます。

幼い子供達の身の回りの危険な事を、
大人が注意して見守ることは、子供達の健全な育成に役立ちます。

地域で育て、地域を愛する心を養うことは、
後世の世の中へ、受け継ぐ心を養っていることと同じことです。

明るい家のメリットとは

住まい選びをするときに、
日当たりが良いかということを重視される方が多いでしょう。

日当たりが良いと、光熱費の節約につながったりと長所が多いのです。

また、家の中が明るいと気分も明るくなるので、
家族の雰囲気も自然と明るくなるものです。

家族が仲良くくらしていくために、
明るい光のある住まいというのは欠かせません。

自然光を上手に取り入れ、
光の降り注ぐ家で生活すると、充実感も増すのではないでしょうか。

また、お子さんの場合、太陽の光を適度に受けることが大切です。

太陽の光を浴びることは成長につながると言われているため、
健康にかかせないのです。

小さいお子さんがいるご家庭の場合、
ぜひ自然光を取り入れた住まいを検討してみてはいかがでしょうか。

暮らしの中で自然光を無理なく取り入れるには、
やはり広い窓を設置することでしょう。

広い窓は開放感をもたらしてくれますし、
風通しもよくなり換気につながるので、家の状態も良くなるのです。

快適で健康的な生活をするために、明るい家作りをしましょう。

従来のリビングが子育てに不便な原因

家は何の為に建てるのでしょうか?
ハゼモトは家族が集うリビングをとても大切にしています。

今までお使いのリビングが、お子様の目が届きにくいなど、
子育てをするうえで困っていませんでしたか?

そのような悩みをお持ちであれば、
リビングを決めるときの間取りを考える必要があります。

リビングとダイニング、キッチンとのつながりはとても大切です。
この三つの位置をつなぎ合わせることで、
使い勝手もよく、子育てもしやすくなります。

当社でおすすめしている間取りで、
L字型リビングというものがあります。

これは、キッチンを囲むようにリビングとダイニングがL型になっているものを言います。

L字型リビングのメリットは、
キッチンとダイニングが対面式になっているため、
キッチンで調理中であっても、
家族がなにをしているのかを確認することができます。

お子様が遊んでいる様子や何をしているのか、
料理をしながら見られるので、安心して作業できます。

また、キッチンだけで孤立することなく、
キッチンとリビングの空間がオープンな関係を保ちやすく、
家族との会話を楽しんだり、開放的な空間を演出することができます。

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.