ブログ

ブログ

リビング階段のメリットとは

2階建ての家の中に必ずあるものと言えば階段です。
その階段と言うのはどこにあるかによって印象が異なるだけでなく、 生活していく中での役割と言うのも変わってくるものです。 例えば、リビング階段と言うのは、 くつろぐ空間と移動する空間とが密接していることで遊び心を刺激し、 子どもたちのお気に入りの遊び場として機能すると言う面白さがあります。

また、柵から向こう側を見通すことができるスラリと伸びたデザインの階段は、 独特の開放感を演出し、リビング全体が広く見えると言った効果もあります。 リビング階段01

また、リビングに階段があることで、 家族全体の行動を把握できると言った特徴があります。 2階に子供部屋が配置されていたとしても、 外出するにはリビングを通過することになりますから、 いつ出掛けるか、いつ帰ってきたかと言うことを把握しやすくなるわけです。

そして、顔を合わせやすい環境であると言うことは、 自然にコミュニケーションがとれるようになり、 家族間でのすれ違いが起こりにくくもなります。

リビング階段02

 

歴史の舞台

 

2015-08-23 20.02.36

門司区役所から見た、下関の夜景です。
私の知らない間に、観覧車ができていました。
知っていても乗らないと思うのですが、必要なの?って、ついつい採算の事を考えながら、夜景を見ていました。

この関門海峡は数多くの歴史の舞台になっています。
歴史ある門司区役所の耐震改修工事。
ただですら、耐震改修工事は大変な工事ですが、ここは業務を行いながらの工事ですので、その気づかいは相当なものがあります。
2015-08-11 15.09.20

その現場を、小さな頭と身体の並里が取り仕切っています。
まだまだ問題や改善は多々あると思いますが、歴史の舞台となった関門海峡を眺めハンバーガーを食べながら、ふと考える時間を頂きました。
2015-08-23 18.31.50

これから先、何気ない細やかな記憶となるのでしょうが、歴史をつくる一つのページになるような気がしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

門司区役所から見た、下関の夜景です。

 

幸せなこと

ネットが普及した今、情報の入手はこのネットがその中心です。
そう考えると住宅についても営業マンの役割も大きく変わってきたと思います。

ネットや雑誌などが普及していなかった時代、家づくりを考える人の情報入手先は、営業マンに限られていました。
役立つ情報かどうかはわかりませんが、まずは営業マンの話を聞かない限り、前に進みませんでした。

それと比べると今、営業マンの役割は大きく変わってきています。
情報の入手は、お客様ご自身でいくらでも仕入れられることができるので。

ハゼモトはホームページを持っていない会社が少ない時代から、自作で情報を発信してきました。
当時は会社案内のパンフレットみたいなものでした。
会社の沿革、事業内容など。

それから15年位の年月が過ぎ、スマホが相当に普及した今、ホームページの役割そのものも大きく変わってきた感があります。
SNSで誰もが情報を発信し、共有することができます。

犯罪も、LINEなどが、その発端になったり、また事件解決にヒントになることも多々あります。

そうなると、どうなるのか?
ご承知の通りの状況ですね。
スマホが普及した今、誰もが気軽に情報を入手し発信できます。

 

そこには、、誹謗中傷など悪質な情報も沢山あります。
火のないところに煙は立たないと言いますが、ネットの世界ではそうでもないことが多々あるようです。
お金を掛けてその情報を削除したりしても、時間とお金に無駄で、本当に悪意ある人の口は防ぎようがありません。イタチごっこです。

住宅はクレーム産業だと言われています。

その中で、私が今まで仕事をしてきて感じることは、いわゆるクレームを言ってくださる方は、腹立たしい気持ちを伝えたいというのが、その一番の理由だと思いますが、その背景には、私たちの事を頼りにしている、しっかりしてよと言う激励に気持ちもあるのです。
そこには見えない「絆」があります。

一方、ネットでのバーチャルな世界では、その「絆」を感じる事はあまりありません。
ブラックホールのように、マイナスの感情スパイラルを生み出すような気がしてます。

話は少し飛びますが、最近、国会の答弁で安倍晋三総理がヤジを飛ばしたと批判される事が多々あります。ヤジを飛ばしたい気持ちは十分理解できるのですが、野党は総理の失言やチグハグな答弁を引き出そうと躍起になっています。
そこに反応していては、思う壺。
その対応がテーマに早変わりし、切り崩しに掛かってきます。

要は、リアルの世界でもバーチャルな世界でも、過剰反応はあまり利点がないという事です。
人間も会社も商品も世の中全て、良いところがあれば、そうではないところもあるのだと思います。

真実や正義、正しい心は、なかなか表に出にくいのですが、それがわかって頂ける方と、楽しい仕事、豊かな人生を送る事ができたら、大いに幸せだと感じています。

 

 

 

 

 

本社:
〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野4-12-10
TEL:093-931-0521 / FAX:093-931-0927  
小倉町家モデルハウス:
福岡県北九州市小倉北区片野新町2丁目5-10-1
Copyright © HAZEMOTO Construction Co.,Ltd,
All right reserved.